30代独身崖っぷちニートのダメ人間日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はインディケーターの話を簡単にします。

まずは知らない方の為に私が使用しているインディケーターを紹介します。

移動平均線
ボリンジャーバンド
パラボリック
MACD
RSI
スローストキャスティクス
の6つです。


今回は移動平均線について説明します。


移動平均線

ドル円の日足チャートです。

移動平均線とは過去の期間の終値を結んだ線を平均線移動平均線といいます。
たとえば21日移動平均線であれば、本日を含めた過去21日間の終値を平均したものとなるわけです。
教科書では通常3本の移動平均線で説明しているようです。



私が読んだ本では21日・89日・200日の期間の平均線で説明されて降りました。

移動平均線での売買サインは教科書的には、
時間軸の短い線が長い線を上に抜けたら、買いサイン
時間軸の短い線が長い線を下に抜けたら、売りサイン

っな感じで書いてあります。

簡単ですが今日はこの辺で

今度、私がトレードしていて移動平均線について思っている事が有ります。

特に、メリット・デメリット・移動平均線の私が考える有効な使い方等を書きたいと思います。




スポンサーサイト

【2011/01/20 22:48】 | FX
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。